血液の汚れがAGAの原因

AGAとは男性に起きる薄毛の症状として最近その原因や治療について非常に注目を集めている症状ですが、その原因としては男性ホルモンの変質が挙げられています。その中でも、主な原因として特に注目されているのが血行不良です。

最近は健康増進法などの影響により喫煙者は減少傾向にありますが、食生活に於いては脂肪やその他血行が悪くなるような食べ物を食べている傾向も有り、これにより血行不良が引き起こされることも多いものです。さらに、不規則な生活も血行不良の原因となります。
血行不良になると、髪が育つのに必要な栄養素がスムーズに運ばれず、髪の栄養が不足した状態を招き、さらに喫煙や脂質の多い食事は血液を汚れた状態にしてしまう事が分かっており、この汚れた成分が毛根に蓄積され、髪の発育に悪影響を及ぼしてしまうのです。

この生育不良の髪に効果があるとされるのがプロペシアです。プロペシアは飲む育毛剤ともいわれ、毛根に蓄積された不純物を除去するとともに、髪の生育に必要な栄養素を供給するため、非常に効果が期待できるとしてAGA治療では一般的に利用されています。その効果はAGAの男性の約70パーセントから80パーセントの人に効果があったというデータも有り、多くの病院でも治療薬として採用されているものです。

プロペシアは早ければ服用から約3か月から4カ月で効果を実感することができます。さらに、3年間服用し続けた場合には98パーセントのAGA患者に効果があったというデータも有り、非常に効果が期待できる薬品です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ