睡眠不足が原因でAGAになるってウソ・本当

agaを発症、進行させてしまう原因のひとつに睡眠不足があげられています。なぜ、睡眠不足がagaの原因になるのでしょう。髪の毛や頭皮は起きている間、様々なダメージにさらされます。

寝ている間にこのようなダメージを修復しているため、睡眠不足が続くと髪の毛や頭皮のダメージが修復されないのでagaが発症したり進行してしまうのです。
髪の毛の成長させる役割をもつ成長ホルモンは寝ている間にしか分泌されません。

また成長ホルモンは眠りの深いノンレム睡眠時にしか分泌されないため、長い時間寝ていても眠りの浅い人は髪の成長を妨げてしまっています。とくに成長ホルモンが活発に分泌される22時?2時のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとるようにしましょう。

さらに睡眠不足が続くことで自律神経に影響が出て、大きなストレスを感じやすくなります。慢性的なストレスは血流の悪化を招きます。
髪の毛に必要な栄養素は血流によって運ばれますので、血流の悪化は健康な髪の毛の成長を妨げます。

またストレスを感じることで頭皮の皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴を塞ぎagaを進行させてしまうことになります。agaは遺伝や生活習慣などの要因が複雑に絡み合っているため、原因を特定するのは難しいと言われています。

規則正しく、良質な睡眠をとることで新陳代謝の向上や疲労回復につながり、髪の毛の成長にも影響が出るとされていますので、aga対策のためだけではなく、健康のためにもに心がけましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ